グループホーム

<基本方針>
・支援を受けながらの自立
 工賃では足りない分を年金等の経済的支援を受け、一人ではできない部分に生活支援を受けながら、親の元気なうちに自立し、
 自分の意志による生活を送ることができるように支援します。

・仲間と一緒に
 ホームの仲間との楽しい共同生活の中で、人との付き合い方が自然に身につくように支援します。



 現在、あしの家西新井(西新井ホーム)とあしの家西伊興(西伊興ホーム)の2ユニットがあり、それぞれ6人のメンバーが世話人、支援員から支援を受けながら生活しています。
 メンバーさんは、平日は葦の会作業所に通い、土日には帰省する人、外出する人(自分一人で、またはガイドヘルパーさんとともに)、ホームでゆっくりする人など様々です。
 その他、葦の会カルチャー教室に参加するなど、アフターファイブや休日を楽しんでいます。



西新井ホーム
グループホーム あしの家』として2004年4月に開所しました。

グループホーム全体写真。
3階建てになっており、1階が入り口、2・3階がケアホームです。
6畳の個室と共同食堂、リビング・トイレは4ヶ所、洗面所は3ヶ所あります。
  共有スペースの1つ、食堂。
皆で朝・夜食事を一緒に取ります。 
  食後の皿洗い、片付けは世話人の方と共に順番に行います。
  2階には個室が並び、皆さん自由に過ごします。
       
       
  お風呂場は作業所からケアホームに帰った順に入っています。お風呂場の他に洗濯スペースや洗面台なども共有スペースになります。
  洗った洗濯物は各自、自分たちで干しています。 


西伊興ホーム
かねてより待ち望まれておりました新グループホームが
2012年5月に開所しました。

全体写真。
西伊興ホームは西新井ホームと違い、2階建てとなっております。
ある日の食事風景。
食堂と写真手前にリビングがあり、それらは共有スペースとなっております。
食事を終えた後は、皆で協力して食器を片づけます。            
お風呂ももちろん共有スペース。
皆が順番に入った後は、掃除も入居されている方が綺麗に洗います。
洗濯物は共有スペースに干し、乾いたものはリビングにて世話人さんと一緒に畳んで、各自部屋に片付けます。






西伊興ホームの詳細はリード・エー通信平成24年6月号に掲載しています。
是非こちらからご覧下さい。


戻る