新年度に入って最初のイベント。
今年は埼玉県幸手市にて、桜と菜の花のお花見を楽しんできました。
ここ数年、4月の遠足は動物園や博物館などが続きましたが、今年は久し振りのお花見。
場所は、埼玉県幸手市の権現堂というところで、関東近郊の絶景の本や雑誌を開くと、桜と菜の花の絶景を楽しめる場所として掲載されていることが多く、とても有名な絶景スポットです。
今年も電車を活用しての遠足。竹ノ塚から東武線で幸手駅まで行き、駅から歩いて権現堂まで向かいました。
 しばらく歩いていると、遠くにピンク色の連なりが見えてきました。
駅から権現堂までは決して近い道のりではないですが、皆さん元気よく歩きました。
ここが今回の目的地、権現堂公園です。
今年は桜の開花が例年より早かったのは、皆さんもご存じかと思います。
写真にも少し緑が見受けられますね。
もう数日遅かったら、完全に葉桜となっていたでしょうが、何とか間に合いました。
 
桜並木の下を歩いていくと、その奥には一面の菜の花畑が広がっています。
菜の花はまだ七分咲きと観光協会は公表していましたが、十分綺麗♪
桜と菜の花、ピンクと黄色の景色はとても素敵でした。
景色も素晴らしく、陽気も穏やかだったので、絶好のお花見日和♪
平日ではありましたが、私達以外にもお花見に来ていた方がたくさんいました。
桜の木の下での昼食タイム♪
風も少しあり、ひらひらと桜が舞い散る中での食事はなかなか風情がありました。
そして視線の先には菜の花畑♪
そんな景色の中、のんびりとした時間を過ごしました。
のんびりした後、シートを片付ける頃には青いシートの上にピンクの花びらがたくさん乗っていました。写真だと伝わりづらいのですが、木漏れ日の光が丁度よく、水面に浮かぶ花びらのように錯覚してしまうほどの綺麗さを、私は感じました。
「菜の花の香りするね」と話しつつ、菜の花畑を散策しました。

桜は散り始め、菜の花は満開に至らず。
本来の見頃の景色とは違ったものではありますが、「また来よう」と思えるような景色かと思います。
 


前の行事へ