2017年度の作業所旅行♪
2月15日・16日と、今年は冬の季節に旅行です♪
昼食を食べた私達は、完全に凍った榛名湖に足を踏み入れました。
下見の時、湖畔亭の女将さんには「湖が凍るかどうかはその年によってマチマチで、今年は分からない」と言っていましたが、東京でも大雪が降るほどの寒波があった今年は、見事に凍りました。
大雪が降った時はいろいろ大変でしたが、「ありがとう寒波」と言わずにはいられない体験ができました。、
シーズンということで、そこかしこでワカサギ釣りを楽しむ方も多くいました。
→は、ワカサギ釣りの時に空けた穴でさえも、ちゃんと凍っているのか確認しているところです。
本当に凍っているのか、そこに片足を乗せて確認してみようか、という流れになり、安部さんなどは怖がっていましたが、私は乗せてやりましたよ!かなり怖かったです!
榛名湖を楽しんだ後は、↑の写真の右側の山である、『榛名山』に行きました。山頂へはロープウェイに乗っていきます。
ゴンドラから見えた榛名湖は真っ白です。
2回に分けて山頂駅に向かい、私達を先行組が出迎えてくれました。
秋に行く予定だった旅行が中止になった時には苦い思いをしたものでしたが、それを取り返すかのように、今回の旅行は天候に恵まれました。
澄み切った、どこまで広がる青空。皆の自然な笑顔を撮影するのって、タイミングとか難しいこともあるのですが、今回はカメラを向けると多くの人は自然に笑みを浮かべていたような気がします。
唐突な場面変更ですが、榛名山を楽しんだ後は群馬サファリパークにやってきました。
普通にシマウマなどの動物が行き交う中を、バスが走っていきます。
バスでしばらく進んでいくと、ウォーキングサファリゾーンという、餌やりや動物を間近で見たり、触ったりする場所もあり、ここからは、一旦バスを降りて動物とふれあいました。
まず正面に見えてきたのはヤギ。早速エサをあげたり、触ったりしました。ヤギ側も慣れているので、積極的にこっちに来てくれます。
近い!近いよ古矢さん!!
こんな具合に、動物もグイグイ来ます。
 
 この上のガラスの向こう側にいるのはライオンです。自分たちの頭の上をライオンがのっしのっしと歩いている光景はあまり見れるものではないので、驚きとちょっとした恐怖みたいなものもありました。それと、この日は虫の居所が悪かったのか、周りに響くくらいに大きな唸り声をあげていて、それもまた怖かったです。
下見の時にはライオンへのエサやり体験も行っていたのですが、この日はやっていませんでした。残念。おそらく休日だけなのかもしれません。
ちなみに、エサは生肉です。

↓の写真は、大小さまざまな角の本物を持つことができ、見た目に反して軽かったり重かったりがあって、結構面白かったです。
↓の大山さんが持っている角は中でも最大で、重さも相当なもの。たしか、アメリカエルクという動物の角ですかね。持てるかな、とも思いましたが、しっかりと持っていました。
 
  1日の観光を終えた私達は群馬を離れて南下し、埼玉県に入りました。
そして、今回のお宿は以前もお世話になった『冬桜の宿 神泉』です。
この宿は、かなり過ごしやすいいい宿で、マッサージチェアが付いている部屋もあって、かなり快適。池田さんをはじめとした女性陣がその部屋でしたが、正直うらやましかったです。

一方男性陣は、トランプができる人が米重さんの部屋に集まって遊びました。これもまた旅の楽しみかと思います。
翌日は埼玉観光。2日目も冬だからこその絶景などを楽しみました♪

 2
次の行事へ