2017年度の春の遠足。
満を持して、今年は上野動物園に行ってきました。

新年度が始まって、丁度2週間の4月14日。
今年の春遠足は上野動物園に行ってきました。
企画段階では、パンダが丁度発情期になっちゃって下見ではみられませんでした。当日もみれないかもしれない、と思いましたが、それまでに発情期も終わり、なんとかパンダが見れることに一安心。

今回は、正門側からでなく、千代田線根岸駅から歩いて、池之端門から入園し、パンダをゴールとする形で散策します♪
入園して、まずは「両生爬虫類館」に向かいます。動物園ということで、毛利さんは序盤からウキウキ気分なのか、先陣きって歩いています。
生き物関係の観光をするのは、秋旅行を含めても4年前の東武動物公園以来。

過去の写真をみていて、表情が最もイキイキしていたのは東武動物公園だったことから、今回上野動物園に行くことになったのですが、やはり皆さん楽しそうでした。
過去の遠足がつまらなかったわけではないですが、やはり上野動物園が持つ力はすごいですね。
笑顔の写真を撮るのがここまで簡単なのは、そうそうないですよ。

まあ、かくいう私も上野動物園は年1〜2回は足を運ぶくらいには好きな場所なんですが。
上野動物園の西園を散策した後、東園に向けてあるいていきます。
今回は動物と一緒に桜も楽しむことができました。春の陽気に包まれながらの遠足となって何よりです。
東園に到着し、サル山をのんびり眺めた後に昼食。
前回は崎陽軒で、今年はとんかつのまい泉のお弁当を頂きました。
昼食後は東園を散策スタート。
まずは白クマから。活動的な白クマだったので、あっちこっちを行ったり来たりで、見ている側も少し振り回されました。

でも可愛いので良し。
私達以外のお客さんにも人気でした。
 パンダの写真が一枚もないことに、記事を書くにあたり振り返ってから気づきました。
 まあ、それだけ夢中になってパンダを見ていた、ということで。
 他のお客さんにも人気のあるパンダ前には警備員が立つほどの盛況ぶり。私たちが行った時には、ちょうど一頭のパンダは笹を食べているところで、もう一頭は遊んでおり、結構見応えがありました。
 天気にも恵まれた今回の遠足、今回別路線に乗り換えるという初めての試みもありましたが、楽しいままに終えることができました。乗換の経験は今後の行先の選択肢が増えることにもつながるので、次回も皆が楽しめるところを、企画していきたいと思います。


前の行事へ 次の行事へ