群馬県にある赤城山にハイキングに行ってきました!!
今回ハイキングに行ってきたのは、群馬県にある『赤城山』です。
榛名山、妙義山に並んで上毛三山に数えられ、日本百名三としても有名ですね。

少し調べてみたのですが、一つの大きな火山体の総称だそうです。その中には黒檜山、鍋割山、地蔵岳などの峰があり、今回私達はその地蔵岳を通って、覚満淵という湿原を目指して歩いて行きました。
スタート地点は赤城山総合観光案内所。
当日は天気に恵まれ、綺麗な青空の下でのハイキングとなりました。
案内所から少し歩き、白樺牧場というところを左手に見つつ、地蔵岳方面へ歩いて行きます。

いわゆる牧場というと「だだっ広いところ」というイメージが勝手にあるのですが、ここはその名の通り、白樺が乱立し、そういったイメージとは違っていましたね。
家畜も見当たりませんでした。
しばらくは、秋の風物詩・ススキの間を歩いて行きました。
ススキの道を抜けると、地蔵岳の標識が現れました。
ここから本格的なハイキングとなります。 
標識近くで幸坂さんを撮影。
幸坂さんが左手にはポケモンの小さなフィギュアがあります。
普段、カメラを向けると気づいて素早くポーズを決める彼ですが、この時は何かゴソゴソとし出して、少し待っているとそれを取り出してポーズを取った次第でして。
今のブームはそれなのかな?
さあ、いかにもハイキングっぽい風景になってきましたね。
立派な白樺が乱立する中を歩いていきます・。
木が立派で、天気は晴れなものの、光量が足りなくて、撮った写真がブレてしまいました。
まだ、序盤なためか桑原さんのポーズにも勢いがあります。
  あまり山に似つかわしくないものが見えてきましたね。どうやら、地蔵岳山頂には各テレビ局の無線塔などがいくつも建っているそうです。

さあ、山頂はもうすぐです。
 
 
 山頂にとうちゃーーーく!!  
  少し霞んでいますが、山頂からの眺望です。

前方に見えるのは、赤城山のカルデラ湖『大沼』です。うっすらと赤い橋が見えると思いますが、湖内の小島に赤城神社があります。
前方の立派な山は『黒檜山』です。
ではここで一休み。
昼食タイムとなります。
昼食を終えた後、改めて覚満淵に向かいます。
ここからの道の方がそれまでの道よりも整備されていましたね。
そしてここから、空模様が残念なことになってしまいました。
山の天気は本当に変わりやすいですね〜。
靄でしょうか、雲でしょうか。いや〜、景色が全然見えない。まだまだ下っていきます。  
   一度車道を渡って、小沼というところに近づいてきました。
相変わらず視界は悪いものの、少し晴れ間がのぞくようになりました。
   
 小沼にて集合写真を撮影しました。

晴れて、視界が良ければかなりいい景色が望めるようですが、残念ながら周りは真っ白でした。
 
   しかし、周りが真っ白な中を歩くというのも、なかなかオツなもので、こういうのは子供の頃から大好きなんですよね、私。
なんとも不思議な光景が広がります。

こういう景色もまた良し!
 
  小沼を抜け、しばらく歩いていきますと、今回のゴール手前の最後の見所となる予定だった覚満淵が見えてきました。
いかにもな湿原の中を歩いていきます。
どことなく尾瀬のような雰囲気。
 
   
   ここからは本格的に写真の撮りようがなくなってしまったので、今回はここで幕。

ハイキングの最後にのんびりと平坦な道を楽しめるのは、そうあるものではないと思いますね。いいコースでした。
靄の中を歩くのも良いものですが、次回は遠くまで見渡せる中を楽しみたいな、とも思います。

また、一生のうちのどこかで行ってみたいものですね。


前の行事へ 次の行事へ